そもそもヒゲとは

ヒゲはなぜ生えているのか?どうして濃い、薄いがあるのか? など、コンプレックスに感じたことを含め、ヒゲについて考えたことがある人は多いのではないでしょうか?

ヒゲは、言わずと知れたことではありますが、体毛のひとつ。 顔面にある毛であり、鼻の下、頬、顎に生えています。ヒゲを含め、体毛には役割があります。

外部の刺激から体を守る、触覚として働く、毒素の排出、セックスアピールとしての道具など、 普段は意識しなくても、きちんとした役目があります。

人間の進化の過程や、社会性の変化を経て、体毛の役割が退化、あるいは変化してきているのも事実。 原始時代では、顔を保護するために必要だったヒゲも、現代では、剃るのが当たり前となっています。

ヒゲを剃るという行為が日常的に行われ、濃いヒゲよりも薄いヒゲが好まれる現代においては、 ヒゲの役割は完全に変わってしまったと言えるでしょう。

ヒゲは男性らしさの象徴ではありますが、濃すぎるヒゲ、手入れされていない無精ヒゲは、 どうしてもマイナスに写りがちです。

ヒゲを薄くしたいと思う男性が増えているのは、モテたい、好印象を与えたい、 デキル男に見られたいというような願望があるからではないでしょうか。

つまり、現代において、男性らしさを印象付けるためにヒゲを活用するのは、 非常に難しいと言えるかもしれません。

→→ 次の記事:「なんでヒゲが伸びるの?」へ

ヒゲの基礎知識