ヒゲが濃くなる原因

ヒゲの発毛は、男性ホルモンの影響を受けます。 男性ホルモンの分泌が活発な人は、ヒゲや胸毛、すね毛が濃くなるようです。 ただ、男性ホルモンの分泌が多い人すべてが、ヒゲが濃いとは限らないのです。

男性ホルモンが発毛を促進するためには、毛根にあるホルモンのレセプター(受容体)が、 男性ホルモンと反応しなければなりません。

このレセプターの感受性にも個人差があり、男性ホルモンが多くても、 レセプターがこれと反応しなければ、性毛は生えにくくなります。

つまり、ヒゲが濃い人は、男性ホルモンの分泌が多く、 レセプターの感受性も強い人、ということになります。

ヒゲを濃くしてしまう男性ホルモンの分泌も、レセプターの感受性も、体内で起こっている、 持って生まれた性質です。こればかりは、どうにもできません。

では、ヒゲの濃さに影響し、自分でもコントロールできることはないのか? と考える人もいるでしょう。

実は、体質とは関係なく、生活習慣を変えるとヒゲにも影響がでます。 定期的に運動をする、ストレスをためない、ということや、食事で言えば、肉を控えるといいそうです。

肉ばかり食べていると、体内に過酸化脂質が発生し、毒素が増えます。 ヒゲなどの体毛は、体の毒素を排出する自浄作用の役割を担っているため、体内に毒素が増えると、 ヒゲも濃くなるそうです。

ヒゲのコントロールのためにも、一度、生活習慣を見直してみてはどうでしょうか?

→→ 次の記事:「ヒゲの問題点」へ

ヒゲの基礎知識